スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)

 【衝撃事件の核心】

 「顔が夫に似ていて憎らしかった。この子には愛情がわかなかった」。そんな理由で母親はわが子を死に追いやった。奈良県桜井市で、会社員、吉田博(35)と妻のパート従業員、眞朱(26)両被告=ともに保護責任者遺棄致死罪で起訴=が長男の智樹ちゃん(5)に食事を与えず、餓死させたとされる事件。捜査当局の調べに対する両親の供述から浮かび上がったのは、夫婦の不仲の“つけ”を一身に背負わされた幼子の悲劇だった。

 (永原慎吾、徳原麗奈)

 ■いびつな生活

 博被告の勤務先で知り合った2人が結婚したのは平成15年5月。翌年に智樹ちゃんが生まれ、桜井市粟殿のハイツで暮らし始めた。眞朱被告は「(智樹ちゃんが)かわいくてたまらない」と自分の両親に話すほど、溺愛(できあい)。3人で出かける日もあり、絵に描いたような幸福な家庭だったという。

 そんな家族関係に微妙な変化が起き始めたのは18年12月に長女(3)が生まれたころだった。眞朱被告が長女の育児にかかりきりになると、智樹ちゃんがすねたり、眞朱被告の気を引こうと暴れるようになった。

 眞朱被告は当初はしつけとして、智樹ちゃんをたたいたり、つねったりするようになったが、暴力はエスカレートしていき、頻度も増えていった。暴れる智樹ちゃんが手に余るようになると、ロフトと呼ばれる室内のスペース(床面からの高さ約2メートル、幅・長さ約2メートル)で智樹ちゃんを寝かせるようになったという。

 事件後、ある捜査員は「もし、智樹ちゃんをロフトの上で生活させるようなことをしなければ、狭い部屋に肩寄せ合って穏やかに暮らし、後の悲劇も防げたのかもしれない」と語った。

 同じ室内に住みながら、智樹ちゃんだけをロフト上に隔離するといういびつな生活が始まったのはこのときからだった。

 ■家族をつなぎとめたのは…

 同じころ、仲が良かった夫婦関係もこじれ始める。博被告が親族の借金の保証人になっていたことを眞朱被告が初めて知り、その後も博被告が親族のマンションの延滞料金の肩代わりをするなど、金銭問題が夫婦関係をむしばんだ。

 眞朱被告は博被告だけでなく博被告の実家とも折り合いが悪くなり、ストレスを募らせるようになった。そのはけ口となったのが、智樹ちゃんだった。

 しつけだったはずのせっかんは理不尽な暴力へと変貌(へんぼう)し、智樹ちゃんの髪を引っ張って、机に頭へぶつけるなどの虐待を繰り返すようになった。事件後に県警が押収した机には血痕のようなものも付着。智樹ちゃんの遺体には数十カ所のあざがあったほか、腕にはアイロンを押しつけたとみられる痕跡も残っていたという。

 眞朱被告に対し、博被告はどこまでも無力だった。エスカレートする眞朱被告を止めるのは父親である博被告の役割でもあるはずだが、「妻に嫌われたくない」と考えた博被告は眞朱被告の虐待を見て見ぬふりをし、同調してせっかんを加えることもあったとされる。

 「幸福そのものだったはずの家庭は、このころにはガラス細工のようにもろくなっていた。壊れそうな家族をつなぎ止めていたのがおそらく智樹ちゃんだったのでは。智樹ちゃんが虐待を受けることで、家族はようやくバランスを保っていたのでは」と捜査関係者。

 幼稚園や保育所にも通わせてもらえず、外部と完全に遮断されたいびつな世界に閉じ込められた智樹ちゃん。親たちから満足な愛情を与えられない子供たちの身長や体重が伸び悩む「愛情遮断症候群」に陥っていた可能性もあるという。

 死亡時の智樹ちゃんの身長は約85センチで厚生労働省が公表している2歳~2歳半の男児の平均(平成12年で87・1センチ)に近かった。

 児童虐待に詳しい、津崎哲郎・花園大学教授(児童福祉論)は「乳幼児虐待事件では愛情遮断症候群がしばしば見受けられる。智樹ちゃんも、『愛情がわかない』という両親の感情を敏感に感じ取り、成長が滞るようになったと考えられる」と分析する。

 両親の暴力は次第に、無関心へと姿を変えていった。眞朱被告は昨年5月から橿原市のショッピングモールでパート従業員として勤務するようになった。長女はショッピングモール内の託児所に預けていたが、智樹ちゃんはロフトの上に放置したまま。真夏にクーラーもつけずに外出することもあったという。

 昨年9月には、眞朱被告は智樹ちゃんの食事も満足に与えなくなり、細長く巻いたおにぎり2個と水だけを1日分の食事として置いたまま出かけるようになった。

 智樹ちゃんの体はだんだんとやせ、今年に入ったころには食事を与えても食べられないほど衰弱した。

 弱っていく智樹ちゃんを隠したかったのか、ハイツに遊びにきた自らの両親にも「(智樹ちゃんは)夫と一緒にどこかへ遊びに行っている」などとうそをつき、会わせないようにしていたという。

 ■私が母親でなければ…

 智樹ちゃんは今年2月末には全く食事を受け付けられないようになった。それでも、両親は智樹ちゃんを病院に連れて行こうとはしなかった。

 逮捕後、眞朱被告は県警の調べに対し、「救急車を呼べば虐待を詮索(せんさく)される。刑務所に入りたくはなかった」などと供述。死にゆくわが子を前にしても眞朱被告は、保身のことしか考えていなかった。

 眞朱被告がようやく電話を取り、泣きながら県中央こども家庭相談センターに連絡をしたのは翌月3日のことだった。

 捜査関係者によると、保護されたときの智樹ちゃんは「骨と皮のような状態」。智樹ちゃんは搬送された病院でまもなく死亡。両親は県警に保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。

 死にゆく智樹ちゃんはもうろうとする意識のなかで何を思っただろう。家族がまだ幸せだったころのやさしい“慈母”の姿だったのか。それとも、暴力を振るい、食事を与えない“鬼母”だったのか。

 逮捕された眞朱被告は取り調べに対し、泣きじゃくりながらこう話したという。

 「私が母親でなければ智樹は元気に育っていた」

【関連記事】
小さな体はミイラのようだった…ネグレクトの果てに
泣き叫ぶ姿「面白い」 子供で遊ぶ「ペット虐待」親たち
相次ぐ虐待、大阪では1カ月で5件6人逮捕 我慢できぬ親、生活苦のはけ口に
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因
男児十数人に性的虐待 養護施設の男性指導員
外国人地方参政権問題に一石

事故調漏洩問題で検証Tが会合 JR西幹部、謝罪とともに釈明も(産経新聞)
亀井氏「外国人選挙権に拒否権発動している」 反対集会で強調(産経新聞)
法曹人口「ペースダウンを」=時効撤廃には慎重-日弁連会長(時事通信)
蛇笏賞に真鍋呉夫氏(時事通信)
大丈夫? 運動も勉強も「何もしない」高校生多数(産経新聞)

火山灰拡散26カ国影響 東欧やロシアにも(産経新聞)

 【ロンドン=木村正人】アイスランドの火山噴火による火山灰は17日未明までに東欧、ロシア上空に達し、ロイター通信によるとロシアやエジプトを含む26カ国で空港閉鎖や欠航などの影響が出た。民間航空管制機関協会(本部アムステルダム)は「混乱は数日続く恐れがある」とし、経済的損失は「数億ドル(数百億円)以上」(米メディア)との懸念も広がる。

 英BBC放送によると、17日未明の時点ですべての空港が閉鎖されたのはフィンランド、オランダなど10カ国。英国やドイツ、フランス、イタリアなど10カ国でも主要空港が閉鎖され、2日間で2万6千便以上が欠航した。英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は17日も全便を欠航。米デルタ航空が北米便を欠航するなど混乱は続いている。

【関連記事】
アイスランド火山噴火、経済的損失「数百億円以上」
天災なんの!岡田監督、モスクワ到着
ポーランド国葬延期せず アイスランド火山噴火
江田参院議長のポーランド弔問中止
「9・11以来」世界の空が大混乱
外国人地方参政権問題に一石

体にあざの女児が意識不明、通報の母ら虐待か(読売新聞)
<東海道新幹線>男性が先頭部分にぶつかる 命に別条なし(毎日新聞)
元副署長、20日強制起訴=検察審査会の議決受け-明石歩道橋事故・神戸(時事通信)
<大崎市長選>現職の伊藤氏が再選 宮城(毎日新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)

死亡女児に健診受けさせず=虐待発覚恐れ? 姉妹3人は受診-全身にあざ・大阪府警(時事通信)

 大阪府寝屋川市で1歳の女児が両親に虐待され死亡したとされる事件で、傷害致死容疑で逮捕された父親の無職岸本憲(26)と母親の美杏(27)両容疑者が、4人の娘のうち死亡した三女瑠奈ちゃんにだけ、乳幼児健康診断を受けさせていなかったことが10日、府警寝屋川署捜査本部の調べで分かった。
 瑠奈ちゃんの全身には、あざやたばこの火を押し付けたような跡があった。捜査本部は、両容疑者が瑠奈ちゃんに対する虐待を隠そうとした疑いもあるとみて、健診を受診させなかった理由についても調べる。 

【関連ニュース】
虐待の疑いで両親逮捕=1歳女児死亡、容疑否認
パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕
東京消防庁職員を逮捕=酒に酔って駅員暴行容疑
警官切り付けられ軽傷=包丁男逮捕、知人もけが
74歳男、弟殴り死なす=容疑で逮捕、「ばかにされた」

<寝屋川虐待死>のどに肉まん 虐待隠ぺいのため詰める?(毎日新聞)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
<通天閣ロボ>東京タワーに現る(毎日新聞)
「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)
「減塩後進国」ニッポン  1日9グラムでもまだ多い(J-CASTニュース)

<阿久根市>市長要求で市職労の事務所移転(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長から、市庁舎内の事務所の明け渡しを求められていた市職員労働組合(約200人)が1日、近くの新事務所に移転した。花木伸宏委員長は「断腸の思いだが、地域のさらなる混乱を避けるため退去した」と話した。

 一方、竹原市長が元係長の懲戒免職処分を無効とした鹿児島地裁の決定に従わず、賃金の支払いも拒否している問題で、鹿児島地検は1日、元係長の代理人の弁護士が労働基準法違反(賃金不払い)容疑で出した告発状を受理したと発表した。【馬場茂】

【関連ニュース】
阿久根市長:「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る
阿久根市長:司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に
阿久根市長:賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ
阿久根市長:「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否

金づちで上司の頭殴る=容疑の「ユニデン」社員逮捕-警視庁(時事通信)
千葉佐那 ドラマで注目、龍馬慕ういちずさに墓参者急増(毎日新聞)
金沢の山中遺体、20~30歳代の女性(読売新聞)
<ミズバショウ>「清明」の節気に白い花 岩手(毎日新聞)
小・中学生が利用する携帯電話キャリアに男女間で違い――バンダイナムコゲームスとネットマイルが調査

民主・山岡氏「国会史上聞いたことがない」(産経新聞)

 民主党の山岡賢次国対委員長は2日午前、国会内で開いた同党の国対会合で、自民党の若林正俊元農水相が参院本会議で離席していた青木幹雄前参院議員会長の投票ボタンを押した問題について「学生時代の『代返』は聞いたことがあるが、国の方向を決める決議(採決)で、投票を代わりにするのは国会史上聞いたことがない。歴史的にも非常に大きな汚点になる」と批判した。

 山岡氏はさらに「自民党が組織の体をなしていないことを憂う。やはり二大政党の一翼をしっかりと担っていただき、国会の権威と品位を一緒に高めていきたい」とも述べた。

【関連記事】
若林元農水相が代理投票問題の責任をとって議員辞職 
「代理投票」若林議員に厳しい対応求める方針
若林元農水相に懲罰動議 隣席の投票ボタン押す
代返もできません…携帯の多機能ぶり、依存と紙一重
普天間移設先 「みなさん腹案で動いてる」 首相

阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念-社会意識調査(時事通信)
<政党機関紙配布>74年の判例疑問視 「逆転無罪」判決(毎日新聞)
<雑記帳>津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)
毒ギョーザ容疑者逮捕、被害者「徹底解明を」(読売新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。